ココ・シャネルが生きた時代

シャネルの創設者ココ・シャネルは、1883年8月19日フランスの南西部で生まれました。
12歳を迎える頃に母を亡くし、その後、商人であった父に捨てられると、姉と共に孤児院や修道院で育てられます。
その下の妹と二人の弟は、親類に預けられ、また農家に養子に出されたりした後、父親はそれっきり姿を現さなかったそうです。
18歳で孤児院を出ると、田舎町でお針子をしながら歌手を夢見ていた彼女の原点は、少女期の孤児院で育まれたといっても過言ではないかもしれません。

このような状況では、当たり前のことではあるが彼女は愛に飢えていました。
孤 児であるという屈辱に耐えながら、ひたすら愛されたいと願う彼女の激しい生命の要求は、彼女を傲慢へと導いたのです。
その時期の周囲への反抗としての彼女の傲慢さは、彼女なりの愛されたいという自己表現でしかなかったようですが、厳しい孤 児院での教育が、少女時代の彼女に、人生とは常に重大なテーマを抱えているものなのだと認識させていたのでしょう。
そのような過酷な環境の中で、孤児院では裁縫を仕込まれ、図書館で本をむさぼるように読み、ひたすら「自由」を夢見、ひたすら自由になりたいと願っていたようです。
そして、自由を手にいれるためには、お金が必要だとお金持ちになることを決意しました。

19世紀から20世紀、世界が、第一次世界大戦、世界恐慌、第二次世界大戦などと、激動に揺れ動くさなか、彼女の生涯と共にブランド「シャネル」は生まれました。
現代の日常生活の中で、ふとシャネルを手にする時、我々は、激動の生涯を生き抜いたココ・シャネルからのメッセージに、思い思い耳を傾けているのかもしれません。