ヴィンテージロレックスの価値

かつて、ヴィンテージ物が流行した時代がありました。
その時代を共有した人たちにとって、ロレックスの“付加価値”は非常にわかりやすいものなのではないかと思います。
古い時計は、一つ一つ職人の手でつくられています。
そして、人から人へと受け継がれ、世代を超えています。
こうして人の手を渡って生まれた微差が、アンティークロレックスの醍醐味であるといえるでしょう。ロレックスの王冠のマークは、職人の手のシンボルでもあるそうです。

現在もロレックスは人によって組み立てられていることに変わりはありませんが、精密機器を用いた製造工程も増えています。したがって、古い時計ほど微差に恵まれているということになると思います。
微差はそれぞれの時計をオンリーワンの存在にしていき、着けている人の主張やアイデンティティーとなるでしょう。

ロレックスのアンティークはモデルが多く、細かな違いもあって見るたびに発見が生まれるかもしれません。
ですので、自分にピッタリの時計を探すだけでも楽しめるのではないでしょうか。

アンティークのロレックスは、オシャレとしても魅力的です。
たとえば、かつてゴールドの腕時計は嫌味が強く敬遠されていました。
しかし、古い時計であれば経年変化でつけ心地がやわらかくなるほか、色合いもソフトになります。

初心者には難しいマニアックな世界のようにも思えますが、お店を構えている購入先や、きちんと保証書を発行してくれるところを選べば問題ないと思います。