買取に出す理由

ブランド品を買取に出す理由は、様々です。ほとんどが不要になったからでしょうが、
不要になったから買取に出した訳ではない人も中にはいるようです。
皆さんが、買取にブランド品を出す時は、どんな理由がありますか?

離別した恋人からのプレゼントだから見るのもイヤだ、知人からプレゼントを頂いたが同じものを持っていた、
長年使用していないので処分するにはもったいないので買取に出してみた、急な出費があるので
泣く泣く金銭作りに・・、などといった面々の声が聞こえることもあるが、近年増えているのが、新しいブランド品購入の為という理由だ。
車の買い替えに似ているかもしれない。古いブランド品々を下取りに出して、その元手で新たにブランド商品を
購入するといった手法だ。となると、やはり、皆、高値で取引されることを願い査定に向かう。
そのような面々が、どのような取引努力をしているのか垣間見ていきたい。

同じシャネルのバッグが、同時に査定に出された時、Aさんのバッグと、Bさんのバッグの査定額に
違いがあるとしたら、そこにはどんな違いが見出されるであろうか?
買取は処分や廃棄とは異なる。新たな顧客の心を魅了するブランド品として生まれ変わらなくてはならない。
高値で取引される中古ブランド品たちは、いったいどんなポイントをふまえて取引されているのだろうか。