シャネルのウェディングドレス

創設者ココ・シャネル時代、繰り広げられたコレクションの中に登場しない作品がありました。
一際華やかで女性が袖を通す一瞬は、一段と特別な時間であろう ウェディングドレスです。
生涯を通して、多くの男性と巡りあってきた彼女がウェディングドレスを避けた理由は幾つか考えらます。
一流の男たちに愛されてきた彼女が、結婚を考えなかったことはないはずです。
ではなぜ、彼女はウェディングドレスをコレクションに加えることを拒んだのでしょうか。

彼女の生涯を振り替えると、おそらくは幾度と「結婚」を考えた時期はあったはずです。
運命のいたずらか、そういったシーズンを迎えると悲劇が起こり、彼女を悲しみのどん底へ陥れたのです。
彼女の生涯は、人並みの幸せとしては規格外のスケールの大きさをもっているといえます。
彼女のコレクションに加えられることのなかった、ウェディングドレスは何を意味しているのでしょう。
彼女が生き抜いた生涯は、様々な生きざまを現代を生きる我々にも問いかけているのです。