ロレックスを売るタイミング

ロレックスは商品の状態だけでなく、時期によっても買取金額が変わるそうです。
一番わかりやすいタイミングは円安です。
円安の時はロレックス以外の海外ブランド品の値段が高くなるのと同様に、中古のロレックスの値段も高くなるそうです。
円安になると新品のロレックスの定価が上がり、それにともなって中古のロレックスの相場も上がるのです。

ロレックスは世界中で使われており、その資産価値の高さも認知されています。
そのため、円安の影響を受けやすいということです。ただし、円安になったらすぐに中古価格が上がるというわけでもないそうです。
平均的には一ヶ月程度で価格にも反映されてくると思います。

だからといって、ロレックスの買取は必ずしも円安のときにしなければいけないというわけではありません。
円安ではロレックスの販売価格が上がり、円高では販売価格が下がります。
販売価格が下がれば、買取価格も当然下がります。買取価格が下がらなければお店の利益が減ってしまうということ。

しかし、値下げ幅は全国どこでも同じというわけではありません。
買い取ったロレックスを海外に流通させているお店と、国内販売をメインにしているお店とでは、仕入れに費やせる金額に差が生じます。
国内販売であれば為替の影響がゼロに等しく、仲介業者も少なくなることで買取価格を下げなくても利益が減ることは少ないと思います。
したがって、円高だからといって売るのをあきらめる必要はないでしょう。