1954年シャネルのカムバックコレクション

シャネルが生きた時代には、第一次世界大戦と第二次世界大戦が勃発。
その二つの大きなターニングポイントを彼女は彼女なりの乗り越えかたをしているのですが、1939年、第二次世界大戦が勃発されたことを機に、ピーク時には四千人ほどもいた従業員を解雇して隠居生活に入ってしまいます。
彼女が56歳の年でした。

それから15年後の1954年、シャネル71歳の時に、ファッション業界の最前線に カムバックを果たすことになります。
その年のカムバックコレクションは人々の大 きな興味をもたらしたが酷評に終わります。
「シャネルの時代は終わった」「時代遅れ」などとなじられた彼女は、酷評した周囲に対し「みんなが時代遅れなのだと」表向きは強きに務めました。
その姿勢は、彼女に微笑んだのです。

ヨーロッパで酷評を受けたカムバックコレクションが、アメリカで大々的に報じられた結果、「彼女の革命に大衆が目覚める時がきた」などといったような称賛を得ることとなりました。

カムバックコレクションで彼女は、「新しい生活にあった新しいスタイル」を提案。
第一次世界大戦、第二次世界大戦の間に社会進出をする機会を得たアメリカの女性たちが、シャネルのスタイルを求めたのです。
シャネルの復活に湧くアメリカの様子に、フランスも動きます。
世論がシャネルを称賛しはじめたのです。
彼女のカムバックは酷評に始まったものの、彼女の信念は世界中の称賛を勝ち取りました。
それはまさに、シャネルのスタイルを貫いた結果でしょう。

「かけがえのない人間」
「自立した自由な女性」

彼女はその信条の元、そのスタイルを貫き、信念の元に生き抜きました。
1971年87歳でその生涯を遂げます。
息を引き取ったホテルリッツのクローゼットにはスーツが2着かかっているだけだったといわれています。
それは、彼女が最も信頼していたお針子が仕立てた2着のシャネルスーツでした。

生半可な生きる姿勢では成し遂げられない生涯を現役で生き抜いた彼女は、あらゆる犠牲のもとに女性として生きる、その生き方の問いを、今尚、多くの女性に投げかけているのです。