謎の多い幼少期

1883年8月19日シャネルの創設者、ココ・シャネルの生い立ちは、ベールに包 まれている部分が多いのです。
なぜかというと、彼女自身が多くは語たりたがらず、 隠された幼少期であったからだといえるでしょう。
彼女は隠すことが困難であると考えると、さらに嘘を覆い被せ自分自身の人生を作り話で置き換えていったのです。
そういった行いさえもが彼女の複雑な生い立ちを物語っているようです。

行商人の父親と母親を持つシャネルは5人兄弟の次女としてフランスに生まれました。

父親は家庭を省みず、母親が33歳の時に苦労を重ねたのちに病死。
シャネルが11歳の時でした。
シャネルと姉は、孤児院に、弟は養子に、2人の妹は親族にそれぞれ預けられます。
しかしその後、5人の子どもたちの前に父親が姿を現すことはなかったとされています。

本名「ココ」と呼ばれたのは愛称で、孤児院を出た18歳の時に、歌手をめざし歌っていた酒場での愛称です。
だが周囲には、父親がつけた愛称なのだと出生を隠すかのように語っていたこともあったようです。

幼少期、シャネルが過ごした孤児院での厳しい境遇は、のちに彼女がファッション業界にて偉業をなし得る上で重要な経験となってきます。
彼女が築きあげた シャネルスタイルは、まさに、見せかけのきらびやかさを嫌い、古き良き伝統 を長く重んじるような孤児院の片田舎の空気とともに、彼女が肌で覚えた感覚でしょう。
孤児院での厳しい生活の中で、裁縫を仕込まれ、図書館では読書に没頭し、恵まれない境遇から「自由」を逞しく夢見る力を手に入れたのです。