シャネルの香水 「NO. 5」

シャネルのNO. 5と言えば、有名なアメリカの女優を思い出す人も多いでしょう。

1921年、シャネルが38歳の時、伝説的なシャネルの「NO. 5」が発売されます。
この香水は、シャネルのビジネスを成功に近づけた決定的な革命でした。

まずは、その名「NO. 5」。
香水の名は、主に文学的なものが多かったのに対し、無機質な数字が選ばれました。
この名の由来は、香水の試作品がシャネ ルの前に並べられた時、試作品の入った小瓶に1~5、20~24の番号が振られたことからそう呼ばれるようななったと言われています。
目の間の試作品から、 シャネルは「NO. 5」と振られた小瓶を選び出したのです。
その香りは、自由な精神を有する女性たちに訴えかけるであろうと世の中に放たれました。

この「NO. 5」については、その後、人々を魅了し、その売り上げが膨大なものになるにつれて、その経営権について騒動が起こる事となるのですが、1924年に騒動はシャネルが示談に応じ鎮火しています。
経営権を巡り騒動が起きるほど、その利益は膨大なものであったのです。
また、この香りこそがシャネルを世界で最も裕福な女性に押し上げたのです。

シャネルの「NO. 5」は、その商品価値から使いかけであっても買取りには重宝されています。